妊娠12W 頚部浮腫の話①

久しぶりの更新です💫

 

8週から11週は、つわりは軽めだったものの、体調万全な日は少なかったかも。

 

なんとなく疲れやすかったり、雨の日は元気でなかったり。

 

でも12週になり、かなり落ち着いてきました!

 

 

出産は山王病院にすることにしました🌟

山王病院の記録も残してこうと思います。

 

 

山王病院での10週の検診にて、先生から

 

「首に浮腫があるねー!まぁ正常範囲内です」

 

と言われました。

 

その時は、頚部浮腫の意味する事は知らなかったし、まぁ先生が大丈夫っていうなら、大丈夫でしょ、と思ってました。

 

 

今思えば、何ミリあるのか聞けばよかった。

 

 

家に帰ってから、頚部浮腫について調べてみました。産婦人科学会のホームページや、胎児ドック、胎児スクリーニングをしてる病院のホームページがわかりやすかったです。

 

 

正式名称は胎児頚部浮腫、通称NT

3ミリ以上は、ダウン症などの染色体異常や心疾患をもっている可能性があがる。厚ければ厚いほど上がる

 

しかし、NT=病気ではなく、

頚部浮腫が3ミリ以上あっても、元気に産まれてくる子は沢山いる

 

NTがなくても染色体異常や病気を持って産まれてくる子もいる

 

 

NTは11週から13週の決められた時期に測られるもので、きちんと測定するための決められた画像の条件がある。

測定するためには、FMFという資格が必要で、測定できる画像を出すためには熟練した技術が必要。その資格を持つ人は、日本に150人程度。

測定するためには、10分〜20分を要する。

 

 

調べてみて、上記のことがわかりました。

 

 

先生は、頚部に浮腫あるって言ってたけど、何ミリだったんだろ、、

 

 

そもそも10週だったし、山王の先生はおそらくFMFの資格持ってないし、問題ないって言ってたけど、本当に問題ないんだろうか💦

 

 

次の検診は13週の最後の方の予定。

11週〜13週の間でしかきちんとした評価が出来ないのであれば、もうちょっと早く診てもらったほうがいいのかな。

10週にあった頚部浮腫が、どんどん厚くなってたらどうしよう。

 

いやいや、先生が大丈夫って言ってるんだし、次の検診で大丈夫。

 

 

など、色々な考えがめぐりました。

 

 

そして、結論としては、山王の先生は信頼してるけど、頚部浮腫のことを知ってしまった以上、そして、うちのおちびにあると知った以上、きちんとした評価を受けたいと思いました。

 

 

都内で、その評価ができるのは、東京マザーズクリニック、広尾レディースクリニック、FMC東京クリニック、成育医療センター、あとは大学病院がいくつか。

 

 

成育医療センターは紹介状が必要。

紹介状をとりにいく時間はないので、必要ないところにしました。

 

 

色々考えてるうちに11週4日になってしまっていました。産婦人科の友達などに聞き、FMC東京クリニックが評判いいようなので、電話してみました。

 

そして、10週の検診で、正常範囲内だけど頚部浮腫があるといわれたことを伝えたところ、

 

今日、その画像を写メで送ってくれますか?とのこと。そして今日中に予約の日を検討し、お電話してくれると。

 

 

かなり丁寧な電話対応で心強くなりました。

そして、予約がとれないかもと、懸念していましたが、2日後に予約がとれました。

 

続く。