2017年4月 CDL 5周期目 調整

流産後、プラノバール14日間内服して、4月に生理が無事にきた。

 

D3受診。

 

またしても遺残卵胞があるのと、その割に低いE2だそうです。

 

フェマーラ2錠/日、5日間開始。

 

D13受診。ブセレキュアの指示、その後D14からプラノバールバファリン内服。

 

目黒川の桜見に行ったりして、すごしました。

 

f:id:piyotanya:20170609104308j:image

 

ドゥランジュは調整周期があるから、その時期は何にも考えずにすごせるところがいいかも。

 

先生は無駄な採卵、移植はしないって考え方みたい。無駄にすると流産して、時間を無駄にするからって。

それでも流産したけど、きっと卵の遺伝子の問題だったんだろーな、と思った。

 

調整で卵の状態がよくても、精子に遺伝子異常があることもあるだろうし。それは、見た目の動きだけじゃ分からないだろうし。

 

他のクリニックは調整とかするところはあるのかな〜。調整期間は妊娠できないから、焦ったりするかもしれないけど、良い状態で採卵、移植に臨めるっていうのは、金銭的な面でも良いですよね。